teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 演奏依頼の仕方(1)
  2. いわき雑魚塾メンバー無事です(3)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:10/895 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2・21佐野 田中正造シンポに行ってきた

 投稿者:北嶋誠  投稿日:2016年 2月23日(火)22時40分55秒
  通報 返信・引用
  2月21日、佐野市で毎年恒例の「田中正造を現代に活かすシンポジウム」が催され、今回もまた参加してきた。

 この国が、アジアへの侵略を開始した明治時代に、人権、民主主義、平和思想と運動の先駆けとして活躍した田中正造の生き方は、真に現代の暴走・独裁・軍国・売国の安倍政権に対する国民運動にとって、活かす価値は大いにある。

 このシンポの文化行事として、佐藤せいごうが「鉱毒悲歌」の演奏依頼を受けた。
 チラシには、「佐藤せいごうとそのグループ」とあったため、全国の極一部には、いよいよスマップに次いで、ひゅーまん・ファーマーズも分裂の危機かとの怪情報が流布されたとのことだが、流言飛語には決して惑わされてはいけない。

 「野党は共闘」ならぬ、「フォークシンガーは共演」である。
 私はもちろんのこと、館林ロストシティーランブラーズや、地元佐野のウッドランド・リンギングはフルメンバーで演奏に参加した。

 文化でたたかう統一戦線には、苦難の時代の中にも明るく楽しい展望があり、皆さんの参加を強く呼びかけたい。

 僅か15分間の演奏だったが、笠木透と雑花塾のCD文庫「われここにあり・田中正造」はもとより、新作の「不戦70年・君が明日に生きる子どもなら」がたくさん売れた。
 ご協力ありがとう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/895 《前のページ | 次のページ》
/895